2010年12月22日

イースト(酵母)について



酵母(イースト)の量についてネットでレシピを調べてみてもは少々としか書いていなくて
実際どの程度か明確にわかりません。

少量しか仕込まないのであれば
粉末イーストであれば本当に耳かき一杯程度で十分です。

大量に入れるとイーストくさくなりまずいドブロクになります。

手軽にパンイーストで作ることもできますが、
カメリアのパンイーストでドブロクを作ると飲んだ翌日、
かなり頭が痛くなったことがありましたのでさけたほうが良いかもしれません。
最近ではビールやワインつくり用のイーストが通販などで入手できるので
そちらのイーストをつかったほうがおいしく出来ます。

イーストの代わりに活性生酒など発酵している日本酒を通販しているところがあるので
それを使って作っるとさらにおいしいドブロクが出来ます。
ビールのイーストで作ったどぶろくはビールっぽく、ワインのイーストで作ったどぶろくは
ワインっぽい風味があります。

ドブロクのよいの所は、作ったどぶろくを種にしてさらに仕込むことが出来ることです。
(火入れして発酵を止めてしまったらダメです)

冬の時期に出回る新酒を絞った時に出る酒粕を使って、酵母をかもす方法もあります。
新酒の時期に酒屋さんに出回る、新鮮な酒粕であれば可能です。
酒粕でパンを作る方がいますが、やはりこの時期の酒粕を入手しておいて、冷凍保存して
使うそうです。(冷凍されても酒粕でパン種が膨らむそうなので、酵母が生きているでしょうね)

酵母によってかなり味が変わりますので、最初は入手の簡単なパンイーストで良いと思いますが、
なれてきたらいろいろとチャレンジされると面白いと思います。

酸素と酵母について

酵母は酸素があると増えます。酸素がないとアルコールをかもします。
なので最初は蓋をせずに(といってもゴミや虫が入らないように網などが必要ですが)
空気が入るようにしたほうが良いです。
数日たった時点て蓋をして酸素の供給を減らしてアルコール生成をさせると良いと思います。
posted by コウジ2000万パワー at 15:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。