2010年12月17日

「甘酒」作りのススメ

どぶろくつくりの前に試してもらいたいこと
それは「甘酒」つくりです。

「甘酒」って酒かすに砂糖を入れてつくるんじゃねーのというあなた。
それは違います。

本来の甘酒は米と水と麹のみで作ります。
砂糖も入りません。
(米を麹で糖化させるので必要ないのです)

ドブロクつくりと良く似た肯定を踏みますので、
なぜお酒が出来るのか?を理解する上で
甘酒つくりは有用だと思います。

ドブロクつくりにチャレンジしてみたいあなた。
家族の理解を得るためにまず、甘酒にチャレンジすることをオススメします。

お酒がダメな方は、酒かすで作った甘酒が苦手な方が多いですが、
米と麹と水で作った甘酒はお酒の香りがしないので
子供さんも安心して飲むことが出来ます。

うまく作るとびっくりするほど甘くなります。
麹はスーパーの乾燥麹ではなく、生の麹を入手してみてください。
1kg800円ぐらいで入手できます。1.5Kg(一升)で1200円ぐらいです。
ネットで検索すると通販してくれる麹屋さんは結構います。

難しいのは温度管理の部分だけです。
なので魔法瓶、電子ジャー、保温調理器などをお持ちの方は
そちらを使うと比較的簡単に作れます。

材料 
米1合
麹2合(250gでもOKです)
水適当

米でお粥を炊きます。やわらかいお粥を炊いてください。
炊いたお粥を60度ぐらいになるまで冷まします。
炊いたお粥に麹をばらばらにして混ぜます。
(この時点でモタモタになってしまって大丈夫です。出来上がったら薄めて飲むので)

温度を60度〜50度になるように調整してください。
甘酒つくりの成功失敗は温度管理にすべてがかかっています。
温度計を入れてきちんと計測する事が必要です。
60度を超えた状態が30分も続くと酵素が働かなくなり甘くなりません。
また、40度を下回ってしまうとまたおいしくなりません。
60度から50度をキープするとばっちりと甘くなります。

そのまま10時間程度温度を維持します。

自分は保温調理器を使って
前の晩に仕込んで翌朝、おいしい甘酒作っています


実はドブロクを仕込む際に、先に甘酒を造って、それに酵母を入れて
発酵をさせたものを酛として使う方法もあります。
(パン作るときにイーストをぬるい砂糖水で溶かして、軽くブクらせてから使うアレと同じですね
酵母の勢いおつけておくと、他の菌の繁殖が防げるんですね)

日本酒(ドブロクもですが)、糖からアルコールを作る過程とデンプンから糖を作る過程が同時進行で行われるかなり
複雑なお酒の作り方をしています。

近年、甘酒には各種栄養素が含まれていることが分かっておりますので、
ドブロクに限らず大変に栄養価の高い食品です。

是非、一度チャレンジしてみては如何でしょうか?

ただし、砂糖が入っていなくても糖には違いないので
飲みすぎには注意してください。
posted by コウジ2000万パワー at 18:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。